HP制作とSEO

HPが完成したら検索に引っかかるようにSEOを施す必要があります。SEOの上手い下手は、SEOの経験数によって決まってきます。数多く経験することで技術はあがってくるのです。

SEOの知識を得るためにはブログの記事を読むのが良いです。たくさんの知識を得ることができます。SEO対策が全く初心者の方はこのサイトを参考にしてください。

しかし、SEOというのは非常に早いスピードで大きく変化しています。毎日変化していくのです。そのためSEOに取り組む際には継続的に検証をしていないと、ついていけなくなり、本来のSEOの役割を果たせなくなります。勉強を続けていない限り有効なSEO施策を得ることはできません。

ペナルティーを受けることも重要です。ペナルティーを一度受け、それを改善していくという経験を積んでみないと、SEOをすべて知っているとは言えないのです。何百ものサイトのSEOを経験し、常に、最新の経験をすることで、SEOの経験値を伸ばすことができるのです。

また、インターネット検索サイトの最新のアップデートをチェックすることも大切です。インターネットサイトが最新のアップデートを行うたびに、検索順位に大きな影響を与えるのです。アップデートされた際には、いつもより特に念入りにサイト順位の変動を調査して、検索順位が落ちたサイトがあったら、その原因をつきとめ、改善策のその施策の実施をこころがけましょう。

また、属性タグをきちんと記載するようにしましょう。Webサイトや各ブログのソース内には、しっかりとその属性タグを設定しておくことが大切です。この属性タグというものをきちんと設定することで、作成したサイトを読みやすくなるために、検索エンジンがページのランキングや検索の順位を確実に評価してくれるようになるでしょう。

また、現在「SEOは終わった」と言われていますがそれは本当ではありません。現在、SEOの時代はもう終了したという記事を、マーケティング記事の中で目にすることがあります。しかし、実際には、検索エンジンというものは、検索する人にとってより使いやすくするために常に進化しているのです。検索する人にとって、より価値のある情報を検索できるという検索エンジンの目的は変わらないのです。

ラベリングシステムの手直し

ラベルのリストを、自分のコンテンツ、他のシステム、自分のシステムのユーザー、あるいは自分のアイデアから採用した場合、未加工な状態の場合があります。一方で、洗練された制限語彙から直接採用した用語の場合もあります。いずれの場合でも、効果的なラベリングシステムを作成するには、手直しが必要となるかもしれません。まず、リストをアルファベット順にソートし、検索ログのような長いリストの場合は、重複しているものを削除します。次に、用語の用法、句読点、大文字/小文字の用法などの観点から、リストをチェックします。ここはそうした一貫性の無さを解決し、句読点やスタイルのルールを確立するいい段階です。どの用語をラベリングシステムに含めるかは、システムがどれだけ幅広いのか、どれだけの規模かという状況の下に決断する必要があります。まず、ラベリングシステムに明らかなギャップがあるかどうか判断する必要があります。最終的に要素として入れる必要のありそうなラベルはすべて網羅されているか確認します。

WEB制作の人選

WEB制作のためのプロジェクトを進めていくにあたり、人選という点は、すごく重要な部分であると考えられているようです。基本的には「人的資源作成書」と言う書類を用意し、人員の構成や、それぞれの役割と責任などを明確にした上で、制作をメインに担当するチームを構成していくことが一連の流れと言えるでしょう。人選をしていく際に重要と考えられているポイントは、技術の確約や、費用面が予算内で収まるかどうかはもちろん、経験や人間性、モチベーションといったものに着目するべきと言えるでしょう。たとえ短期間のプロジェクトだった場合でも、WEBサイトを公開するまでに費やすコストや時間というのは、かなり大きな額になってしまうことが予想されるでしょう。そのため、細かな要件が確定できていない状態で人選をしなければならない場合、プロジェクトの方向性や性質、その規模などを把握し、そのポジションに適合する人材を選出しなければならないと言えるでしょう。また、発注者側と直接やりとりをしなければならない可能性のあるポジションなどへの人選は、発注者側との相性もあるため、人間性という部分も求められるでしょう。実際にポジション配置をした場合をシュミレーションしながら、適材適所を心がけて人選することが望ましいでしょう。

人選の基本的は観点としては、そもそも適性があるかどうかや、技術的な面はもちろんですが、きちんとチームで動けるかどうかが重要になるため、コミュニケーション能力があるかどうかといった点にも重きをおくと良いでしょう。そういった点をクリアしたのちに、費用や期間等の条件、やる気や他プロジェクトメンバーとの相性、その人をアサインすることで起こりうる可能性のあるリスクを想定し、それに対応できそうかどうかといった様々な観点を設け、確認しながら選出していくのが望ましいと言えるでしょう。

広告以外の周知方法

自社サイトを宣伝するのに、本格的な広告を出す必要はありません。広告は効果も絶大ですが、費用もそれなりに高くなります。中小企業であればわざわざ広告を出さなくても、SNSやメルマガで直接紹介することも出来ます。SEOと同時に対策することで、より大きな効果を期待することができます。一番簡単な方法としては、SNSに自社のアカウントを持つことです。そうすれば直接サイトを紹介しなくても、ユーザーの興味を引く情報を流し続ける中に、さりげなくアドレスを記述することが出来ます。それだけで十分な広告効果が得られることもあるのです。もちろん投稿の中にホームページの更新情報を載せることも出来ます。ただ知らせるだけでなく、SNS上ならユーザーからの問い合わせにも気軽に答えられますから、不足している情報を追加するなどして、その都度補完することも出来ます。
SNSを利用することの最大の意義は、何と言ってもコストが掛からないことです。しかも無料で利用できるSNSは沢山ありますから、自社の業種、業態に合わせてそこから選択することが出来ます。例えばFacebook、Twitter、Instagramは、それぞれユーザーの特徴が異なります。ターゲット層に近いユーザーが多く利用しているSNSを選ぶのも大切なのです。
SNS以外には、メールマガジンで知らせるのも有効です。メールマガジンは登録している人に送るものですから、それを目にするのはターゲット層に当たります。ただメールマガジンの場合、そのアドレスを得るのに難航する可能性があります。1度得ることが出来れば長い付き合いも期待できますが、最初の登録(購読申込)までのハードルが、SNSに比べて高いという欠点があるのです。

発注者への見積もりの提示、説明、交渉を見直す

発注者への見積もりの提示は、どのタイミングで、どのように行なわれたか。発注者からの反応と、それに対する対応はどうだったか。

例えば、「見積もり提示の形式(対面、メール、電話での補足)」、「見積の再検討の有無」、「見積もり作成のボトルネック(何に手こずったか)」など、こうしたものを見直す必要があるだろう。

また、発注者に対し、見積もり内容を説明しただろうか。発注者からの質問に的確に回答できたか、また返答までに時間がかかりすぎていなかったか。
発注者から特に反応力、無かったり、「大丈夫」と返答があっても、本当に疑問がないとは言いきれないだろう。見積もりの作成や発注者との交渉は「プレプロジェク卜J とも呼べ、受注し本格的にプロジェクトを開始する前段階ながらもPDCAサイクルでとり行なわれる。見積もりは作成したら終わりではなく、気を抜かずに発注者への説明を行ない、フィードバックに応えることが大切だろう。

 

見積もりのレビュー見直し

見積書や見積もり資料を叩き台に、プロジェク卜を受託する実現性やリスクを検討したことがあるだろうか?

見積もり内容の精度、妥当性、整合性はどのようにチェックしてきたか見直しをしてみよう。

例えば、レビューの登場人物であれば、レビュアー、プロジェクトマネジャー、営業担当者、プロジェクトを担当するデザイナーやコーダー、自社の経営層はチェックしているか。

レビュー視点からは、例えば見積もり内容と、その妥当性(技術的な視点)の見直しや、リスクの洗い出しとの評価(自社のビジネスの観点)の見直しなどがあるだろう。
レビューの登場人物が不足しているのであれば、次回のプロジェク卜から適任者に依頼する。自分ひとりでWeb制作にあたる場合も、自分自身の中で上記の人物の役割を意識してレビューしてみよう。見積書の金額(単価×数量ないし一式の価格)と、実際にWeb制作にかかった工数、生じたリスクとを比べ『にあった』内容であるかを検証する。見積前提条件に発注者との問で生じそうな齟齬(納品内容、素材の用意など)や想
定されるリスク(修正の回数、納品後の修正対応など)を織り込んでいたかを確認しよう。

メニューの作成

メニューのHTMLは、テンプレートの<nav>~~~</nav>の内側に記述します。
メニューのような箇条書き(リスト)を表現するときは<ul>タグが適切です。
<ul>タグはリストの枠を表し、<li>タグでリストの個々の要素を表します。
リストの一般的な書式は次の通りです。

<ul>
<li>~~~</li>
<li>~~~</li>
<li>~~~</li>
<li>~~~</li>
</ul>

「~~~」の部分に、メニューの文字を<a>タグで囲っ たリンクを入れればよいのです。メニューの文字を2段に折り返すために、改行を示す<br>タグを間に記述することに注意しましょう。そうすると、メニューのHTMLは次のようになります。

ヘッダーエリアの作成

テンプレートができたら、ヘッダーエリアを作っていきます。
まず、キャッチフレーズは、新聞で言うと一面の大見出しに相当しますので、<h1>タグで記述するのが適切です。
テンプレートの<header>と</header>の間に記述します。
次にロゴです。ロゴは画像ファイルを用意し、<img>タグを使って記述します。

<img src= “(画像のURL)” alt=”(画像タイトル)”>

src属性には、HTMLファイルから見た画像ファイルのパスを、フォルダ階層の区切りに「/」を使って記述します。
このように、「http~~~」からではなく、記述元のファイルから見た相対的なパスで指定する方法を“相対パス”と言います。alt属性には、何の画像なのかを表す文章を記述します。
記述しなくてもエラーにはなりませんが、なるべく記述しましょう。

ところで、ロゴは表示するだけでなく、クリックするとトップページにリンクするようにしなければなりません。
リンクを貼るには<a>タグを使います。
<a>と</a>の間に、リンクにしたい文字や画像を入れます。

<a href=”(トップページのファイル名)”>
<img src=”(画像のURL)” alt=”(画像タイトル)”>
</a>

リンク先のURLはくa> タグのhref属性に指定します。
URLというと「http://~~~」という書式を想像されると思いますが、相対パスで記述すると「http://~~~」から書く必要はありません。
このホームページでは全てのページのHTMLファイルを同じフォルダに配置しますので、ファイル名よりも手前の部分は省略することができるのです。

例:<img src=”img/logo.png” alt=”ロゴ”>

また、トップページのファイル名を「index.html」とした時には、
<a href=”index.html”>~~~く/ a>となります。
こうすると、<img>タグは<a>タグに図まれてHTMLの階層が1階層下がりますので、上記のようにTabキーで字下げ(インデント)をしておきましょう。

そして、フッターの作成の際もそうですが、内側に表示するものを1つ1つ“四角形のボックスに入れていくような感覚で枠を書いていくと、それがHTMLの階層構造になります。
コツは、外側から内側へと段階的に枠を書いていくことです。

用語からWebサイトの構造を考える

Webサイトの構造を決めるためには、情報を分類したカテゴリの 作成や各情報につながりをつけるリンクといった作業を行う必要がある。これらの作業を行ううえで欠かせないのが、 Web担当者が Webサイト上で何を行いたいのか、何を提供したいのかを明確にすることだ。さらに訪問者がいつ、どこから、どのような立場で、どのよう な理由で、訪問するのかを想定しておくことも重要だ。 Web担当者側 のニーズと訪問者のニーズを考慮したうえで、 Webサイトの情報を整理していけば、どこの階層に何を置けばよいのか、どのページに導けばよいのかが見えてくる。 ここで、 Webサイトの構造設計で使われる用語についての解説をいくつかのせておこう。「ディレクトリ構造」 は、 Webサイトのトップページ、を 中心にした実際のファイル構成を示すものだ。「階層」はディレクトリ構造の階層ではなく、カテゴリごとに分けられた層のこと。トップページから何回クリックして目的のページに行き着くかを示すときに使われる。「導線」は、Webサイトの構造を考えるうえでもっとも重要な用語だろう。導線とは訪問者を目的のぺージに導く線のことで、サイト 内のどのページに訪問者を導くかを明確にすることによって初めて見いだせるものであり、これを無視してWebサイトの構造を決めてし まうことは避けるべきだ。「ショートカット」は階層をユーザーが移動するときに、より下の階層へのジ‘ャンプを可能にするリンクのことだ。一 般的なページ内リンクとつくり方は同じだが、うまく使うとサイト内を動 きやすくできる。

パソコン操作について

Windows などの GUI 環境に慣れたユーザーはマウスでの操作を 当然と考えている人も多いが、運動障害などを有する人にとっては マウスは使いづらいデバイスであり、パソコンの操作をマウス以外の デバイスやキーボードのみで行っているユーザーも多く存在する。実際、ほとんどの Webブラウザはマウスを使わなくても、キーボードのみで操作できる。したがって、マウスクリックで表示されるドロップダウン方式のメニューを設置するような場合、その操作がキーボードでも問題なく利用できるように、キーボードイベントにも対応するように制作する必要がある。 また、フォームを利用してユーザーに入力を促すようなページでは、 Tab キーによる項目の移動順序に問題がないかを確認し、場合に よっては tabindex 属性により Tab キー移動の最適化を図る必要もある。