ラベリングシステムの手直し

ラベルのリストを、自分のコンテンツ、他のシステム、自分のシステムのユーザー、あるいは自分のアイデアから採用した場合、未加工な状態の場合があります。一方で、洗練された制限語彙から直接採用した用語の場合もあります。いずれの場合でも、効果的なラベリングシステムを作成するには、手直しが必要となるかもしれません。まず、リストをアルファベット順にソートし、検索ログのような長いリストの場合は、重複しているものを削除します。次に、用語の用法、句読点、大文字/小文字の用法などの観点から、リストをチェックします。ここはそうした一貫性の無さを解決し、句読点やスタイルのルールを確立するいい段階です。どの用語をラベリングシステムに含めるかは、システムがどれだけ幅広いのか、どれだけの規模かという状況の下に決断する必要があります。まず、ラベリングシステムに明らかなギャップがあるかどうか判断する必要があります。最終的に要素として入れる必要のありそうなラベルはすべて網羅されているか確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です