WEB制作の人選

WEB制作のためのプロジェクトを進めていくにあたり、人選という点は、すごく重要な部分であると考えられているようです。基本的には「人的資源作成書」と言う書類を用意し、人員の構成や、それぞれの役割と責任などを明確にした上で、制作をメインに担当するチームを構成していくことが一連の流れと言えるでしょう。人選をしていく際に重要と考えられているポイントは、技術の確約や、費用面が予算内で収まるかどうかはもちろん、経験や人間性、モチベーションといったものに着目するべきと言えるでしょう。たとえ短期間のプロジェクトだった場合でも、WEBサイトを公開するまでに費やすコストや時間というのは、かなり大きな額になってしまうことが予想されるでしょう。そのため、細かな要件が確定できていない状態で人選をしなければならない場合、プロジェクトの方向性や性質、その規模などを把握し、そのポジションに適合する人材を選出しなければならないと言えるでしょう。また、発注者側と直接やりとりをしなければならない可能性のあるポジションなどへの人選は、発注者側との相性もあるため、人間性という部分も求められるでしょう。実際にポジション配置をした場合をシュミレーションしながら、適材適所を心がけて人選することが望ましいでしょう。

人選の基本的は観点としては、そもそも適性があるかどうかや、技術的な面はもちろんですが、きちんとチームで動けるかどうかが重要になるため、コミュニケーション能力があるかどうかといった点にも重きをおくと良いでしょう。そういった点をクリアしたのちに、費用や期間等の条件、やる気や他プロジェクトメンバーとの相性、その人をアサインすることで起こりうる可能性のあるリスクを想定し、それに対応できそうかどうかといった様々な観点を設け、確認しながら選出していくのが望ましいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です