ホームページに適したファイル形式

ホームページの画像として使われる画像の形式には、主にJPEG 形式 と GIF 形式、PNG 形式の 3種類があ ります。JPEG 形式は、主に写真のファイル形式として利用され、 GIF 形式とPNG 形式は、主にイラストな どのファイル形式として利用されます。画像ファイルのサイズ は小さくしておくが大事です。インターネットでは、閲覧者が遠隔 から各地にあるWebサーバーにアクセスしてホームページを表示します。 ホームページにファイルサイズの大きな画像を掲載すると、通信に負荷がかかり画像をなかなか表示できない ため 、ホームページに掲載する画像ファイルのサイズは、あらかじめ小さくしておきましょう 。画像はリンクで 呼び出して表示します。

ホームページに画像を表示させる には、 HTMLで画像へのリンクを設定し、ホームページを開く際に画像を呼び出して表示します。そのため 、画像は常に一定の場所に保存されている必要があるため、 HTML ファイルか. 保存されているフォルダーの中に、画像管理用のフォルダーを作成し、そのフォルダーの中にすべての画像ファイ ルを保存します。

ホームページで画像を表示するに は、画像が保存されている場所への道筋(パス)を記述し、画像を呼び出 します。HTMLで画像へのパスを記述するには、 <img> タグに src属性を 追加し、画像が保存されているフォルダー名と目的の画像のファイル名を入力します。